内緒にしたい・・・美味しいコーヒーは鮮度が命

極上のコーヒー コーヒー

夫が自家焙煎コーヒー豆したコーヒー豆は、とっても新鮮!

この新鮮であるということが、実はコーヒーの味を左右するのです

我が家は、スーパーのコーヒー豆は買いません。

豆が酸化してしまっているからです

(勉強のために、時々夫が買ってきます)

新鮮なコーヒー豆で淹れたコーヒーは、すっきりとしてクリアな味です。

焙煎コーヒー豆が新鮮かどうかを簡単に見分ける方法

(とても分かりやすくまとめられたサイトです。)

豆の種類でも有名なコーヒー豆屋さんのでなくても、新鮮さにこだわれば、コーヒーは格段に美味しく飲めるということを、お伝えします。

 

 

コーヒー豆は粉にしてから30秒以内

 

コーヒー豆を粉にしてから抽出の作業にとりかかるまでは、30秒以内にと言われています。

 

このくらいでもう香りが飛んでしまうんですね 汗

 

ですから、飲む直前に豆から粉にするのが最適かと思います。

 

ということは、スーパーなどで売られている、粉は相当香りが飛んでしまっていますね。

 

 

コーヒー豆は正に生き物

夫は良く言います。

 

コーヒー豆は生き物だと・・・

 

生豆を焼いてからドンドンと味の変化が起こってきます。

 

  1. 焼いた直後のコーヒーは薄く感じます。
  2. 3〜5日位経った頃は、飲み頃。味わいが深まります。
  3. 一週間がすぎる頃には、酸味や苦味が深まってきます。

と、このように一日一日で変化していきます。

 

我が家は、この変化すらも楽しんでいます。

 

焙煎したてはサラッとお茶感覚で飲む感じ。

 

味に深みが増してきたら、ミルクを足して飲んだり。

 

豆の種類でも変化の過程が違っていたりして、面白いです。

 

 

粉にした途端、拡がる香り

豆から粉にした途端、部屋中に良い香りが拡がっていきます。

 

イコール香りが逃げていっているんですね。

 

だから早く抽出して、香りが立っている内に飲んでしまいましょう♪

 

この香りが立っている状態から、抽出すればとても薫り高いコーヒーを飲むことが出来ます。

 

せっかく淹れるのなら、薫り高くホッと幸せを感じられるコーヒーを飲みたいのです。

 

 

温度も大切

コーヒーは熱い内に飲みきってしまうのが、好きな私です。

 

冷めると味が変わってしまうようです。

 

コーヒーメーカーで淹れる場合、器械がお湯の温度を調節してくれますね。

 

ボコボコして100度に達しているようです。

 

夫は、ハンドドリップも良くしますが、沸騰直後のお湯を使っています。

 

ハンドドリップは細〜くゆっくりとお湯を入れていきますが、この工程で温度が下がります。

 

1杯だけの場合はもっと下がりやすいでしょうね。

 

 

カップを温めるひと手間を

私はマグカップでたっぷりコーヒーを飲んでいます。

 

熱い内にコーヒーを飲みたいので、カップに熱湯を注いで、カップを温めています。

 

あ、夫がいつもしてくれています♪

 

マグカップは容量も大きいですし、分厚さもあったりして温かい飲み物が冷めやすいです。

 

ちょっと温めることで、極上の一杯になりますよ。

 

カップが唇にあたった時、「熱い」→「ふぅふぅ」って

 

飲むのがすきなのです。

 

 

まとめ

  • コーヒーを淹れる直前に、豆から粉にして、香りを楽しむ。
  • コーヒー豆は生き物のよう。日に日に味の変化がある。
  • 極上のコーヒーを味わうには、温度も大切。
  • 冬場なら尚更。カップを温めるひと手間が美味しさを決める。

以上となります。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

コメント